テレビのある部屋

リフォームのタイミングは?

家を建ててから何もメンテナンスをしなかったら老朽化が早く進みます。ですからリフォームを間に挟まないといけません。でも、リフォームを行うタイミングはどうすればいいのでしょうか。ここではリフォームを行うタイミングについて解説します。
基本的にはリフォームを行うタイミングとしてはメンテナンスのためのリフォームと暮らしに合わせたリフォームがあると考えましょう。まずメンテナンスのためのリフォームとしては、現段階の家の状況を把握しておく事が大事になります。
家に使われている材料や工夫を確認しておく事、かつて修理した箇所なども把握しておきましょう。築年数が経過してくると、いろんな箇所に傷みが出始めます。おおよその年数としては外壁や瓦などで5年から10年、トイレや保水器などの設備が10年から15年、配管などの水廻りが15年から20年ほどです。これくらいの年月が経過すると何かしらの問題が出てくる可能性が高いのです。
築年数による建物の劣化とは別に、家族構成の変化でリフォームする人もいます。例えば出産や子供の独立など、もしくは両親と同居などです。家族構成は年と共に変化していきますから、それがリフォームを考えるいいタイミングになります。家を購入しても何も手を加えない事には、家は加速的に老朽化していきます。リフォームは必要な事ですが、そのタイミングには大きくメンテナンスが必要な時と、家族構成が変化する時がいいタイミングと言えるでしょう。